ゴルフのコース・ラウンド・スコアについて

通常のゴルフコースというのは18 のホール(穴)で造られていて、この 18 のホールから成るゴルフコースでプレーすることが 1ラウンドのプレーとも称しています。 

報道されているプロの大会やトーナメントなどでも、 1日当たりのプレーを 1ラウンドである。

そして、よくインとかアウトといわれますが、通常では1番ホールから 9番ホールまでのハーフを アウト (out) 、そして、10番ホールから 最終の18番ホールまでを イン (in)といっています。 

国内ツアーでは普通は定刻に始まった場合はハーフが終わった時点で 昼食などの休憩をとり、午後になって残りのハーフを打ち終わって1日の18ホールのプレーをするのが慣例となっています。

ゴルフのプレイは ボールを打ち出す所のティーボックスというところから始まって、1コース当たり何打で 打ち終わるか(フィニッシュ)できるかを競うプレイゲームだが、1コースあたりの打ち数は通常は パー 3とかパー 4、其れにロングロースのパー 5 とかがあるが、それぞれ コースによって決めており平均的にはパー4と決められていて、其のパーの合計は18ホールでスコアが 72 になります。 

このスコアが72以上の場合はオーバーといい、其れ以下の場合がアンダーと言って、打ち数の少ない方、つまりアンダー数の少ないほうが勝ちとなります。