プロゴルファーになる方法と必要な費用

ゴルフを趣味で行う人は多いと思いますが、プロを目指す人も増えています。

自分でプロと名乗るだけではプロゴルファーになる事は出来ません。

男子と女子で異なりますが日本では男子は日本プロゴルフ協会から女子は日本女史プロゴルフ協会からプロゴルファーとして認定される必要があります。

ツアープロとして認定されるには2つの方法があります。

1つはアマチュア時代にツアートーナメントで優勝する事です。

プロテストに合格する事でもツアープロとなる事が出来ます。

ツアープロには年齢制限が設けられていて男子は16歳以上、女子は18歳以上と決まっています。

プロテストを受けるには費用的に大きな金額が必要になります。

受験料が総額で20万円以上必要になり、会場までの交通費や宿泊費も別途で必要になります。

合格すると認定料やセミナー料など80万円以上必要になります。

ゴルフはお金がかかるスポーツと言われていますがプロになるにも多くの金額が必要になります。