ゴルフでのスライスについて

ドライバーを使用するときにスライスが出てしまうという悩みがある人は多いと思います。

特にゴルフの初心者はスライスしてしまうことが多いです。

ボールの軌道がスライスしてしまうには2つの理由があります。

1つはフェースが開いてしまっているということで、スイング軌道が正しくないことが原因です。

スライスの原因はインパクトでクラブフェイスが開くことなので、すぐに応急処置する事が良いです。

グリップを通常よりもかなり強く握り、上から見て左付け根のコブシが3つ以上見えるくらいに握ることが良いです。

ストロンググリップにすると骨格上フェイスの向きをそれ以上開きずらく容易に閉じる事が出来ます。

初心者はもちろん、長年ゴルフをやってきた熟練の方でもいつまでもスライスに悩まされている方は多いです。

スライスを解消するために基本から応急処置までしっかりと実践する事が大事です。

スライスの原因はフェースが開いてインパクトを抑えている共通点があるので意識が必要です。